戦争の体験談を語るわ【その3】

名作まとめ 泣ける話

63:2010/05/21(金) 21:28:25.01 ID:

あーもうあれだ。日本帰ってきてから、些細な事でカッとなったり、落ち込んだり、
自分の感情を上手くコントロール出来ないんだわ。社会人なって生活では大分改善したけど、
ボスニアでの事考えてる時とか、絡んでる時は、未だに頭おかしい人間になるんだわ。

最初に言っとくべきだったな。もう俺がへんちくりんな事言っても、スルーしていいよ。
煽り苦手みたいだから、心ここにあらずで書いていくよ。構ってちゃんでごめんねー

それと、心配させてしまった人、ごめんね。ありがとう。

読んでてイラつく人もいるだろうけど、無理して読む必要ない話だから、
無理しないでね。それじゃ、自分のペースでゆっくり書くよ。
12時位には寝るので、それまでの時間で。
もう、長々と書く時間もないと思うので、明日、遅くても日曜日までには終わらせるよ。
それじゃー

64:2010/05/21(金) 21:29:35.22 ID:

彼の帰りを待ち続けてから、4時間か5時間ほど経過していたと思う。時計を持っていなかったから、
何時頃かまでは正確にはわからないけれど、お昼近かった、もしくは過ぎていたかもしれない。
待っている途中に、何度か道路を車が通り過ぎて、その度に皆で伏せたりして身を隠し、物音を
立てないようにしていた。普通であれば、通り過ぎる車は市民であったり、伐採した木材を運ぶ
トラックだったりしたのだけれど、この時通過していった車は、武装警察か民兵、あとはユーゴから抜けた
スルプスカの軍隊ぐらいだったと思う。

65:2010/05/21(金) 21:30:25.30 ID:

もしかすると、フォーチャも既に同じ状況かもしれないという不安が、車を目にするたびに
確信に変わってきていた。それでも、街から彼が戻ってこない限りは、どうする事も出来ない。
何時になったら戻ってくるんだろう。もしかして何かあったのかもしれない。そんな不安も過ぎっていた。
だけど、何かあれば街から音がしたりするんじゃないか、いや、距離があるから聞こえないといったやり取りを、
大人たちはしていた気がする。俺やメルヴィナたちは、特にする事もなく、
息を潜めながら、小さい子ども達をあやしたりして待っていた。

69:2010/05/21(金) 21:33:34.90 ID:

すると、朝に食料や水を取りに行ったボシュニャチの人が、スルツキの青年二人を連れて、俺達の隠れている
方向に向かってきたんだ。皆混乱した。何人かの大人は、彼が俺達を売ったと言ったり、仲間に
なってくれるんじゃないかと言ったりして、話し合っていたんだ。しかし、このままここで待っているのは
危険すぎる。もし本当に彼が俺達を裏切ったとしたら、俺達の運命は終わったも同然なんだ。だから、
この場から離れて逃げようといったり、隠れてスルツキの青年たちの様子を見て、隙があれば殺そうと
いったりして、揉めたんだ。この時、話し合いを聞いていたけれど、子ども達は長時間の移動と、
緊張の連続で疲れ果てていた。だから、淡々と、「どうなるんだろう」と考えたりしていて、子ども達は静かだった。

71:2010/05/21(金) 21:35:45.05 ID:

結局、すぐに結論が出る話ではないわけで、俺達は見つかる前に、とりあえず隠れる事にしたんだ。
様子を見てから決めても遅くは無いってね。相手は武器も持たない青年二人。両手に大きな荷物を持っている。
例え武器だとしても、取り出す前に殺せると考えたんだろうと思う。恐らく、100メートルぐらいまで近づいてきた頃かな。
ボシュニャチの彼と、スルツキの青年二人が、手を振り出したんだ。

72:2010/05/21(金) 21:37:20.97 ID:

もしかして、俺達を狙っていないんじゃないかって大人が言い出した。でも、また別の人が、いや、これは罠だ。
って言い出した。どっちかわからないんだ。他民族どころか、もう同じ民族の人間ですら、朝まで仲間として共に
行動していた人間ですら信用できなくなっていた。おれ自身も、日本人ではあるけれど、この時は
自分もボシュニャチの仲間・同胞といった様な意識が芽生えていたように思う。

73:2010/05/21(金) 21:39:35.62 ID:

それからしばらくの間、俺達は三人のことを注意深く観察したんだ。実際に観察していたのは大人で、
俺達子どもはその様子をちらっと見たり、聞いたりするぐらいだったけれどね。
何か手を振る以外に何らかの行動を取ると大人たちは思っていたみたいだけど、
彼らが何かをする素振りは見せなかったんだ。ただ、手を振って、そしてじっと待っているだけだったんだ。

74:2010/05/21(金) 21:42:22.46 ID:

そしたらさ、こんな時に限って、先ほどまで静かにしていた赤ちゃんが泣き出したんだ。
そりゃそうだよね。もう丸一日以上ろくに水分補給もしていないし、赤ちゃんが泣くのは
仕方が無い。でも、タイミングが最悪だった。当然、彼らはすぐにこっちに気づいたよ。
大人たちは、彼らと目があったのか、それとも彼らがこっちに振り向いたのか、
「あぁ・・・。」といったような諦めの言葉を発した気がする。

78:2010/05/21(金) 21:46:43.25 ID:

気づかれてしまい、もう駄目だといったような雰囲気が、俺達の中を包み込んだんだ。
だけど、彼らはこっちに気づくとさ、ニコニコしながら向かってきたみたいで、
俺達の目の前まで来た時も、安心したような表情を浮かべて、3人で来た経緯を話してくれたんだ。
彼らが話していた内容は、長くて殆ど覚えてないから、簡単に要約するけれど、
スルツキの青年二人の街ミジュヴィナでもカリノヴィクと同様の事が起きたんだ。
つまり、非スルツキの人々にスルツキの警察が襲い掛かってさ、
連れて行ったり、抵抗する者は見せしめに殺害・暴行したりしたらしいんだ。
それでさ、ハーフの彼が街に入った時、ちょうど亡くなった遺体とかを積み上げていた
ところだったらしい。

79:2010/05/21(金) 21:50:34.72 ID:

それでさ、この時一緒についてきたスルツキの青年二人が、ハーフの彼に気づいたらしいんだ。
そして、ここは危ないから、早く逃げるように言ってくれたんだって。だけど、食料と水が
ない状態ではゴラジュデどころか、近くのフォーチャにもたどり着けないって言ったんだって。
小さい子どもや、年配の老人もいるから、食料と水が必要って。そしたら、二人がわけてあげるって
言ってくれてさ、そして自分たちもついていくと言ったんだって。ハーフの彼は断ったらしいんだけど、
もし自分達がついていけば、万一民兵や警察に見つかった時でも、二人が出て行けば誤魔化せるかもしれない
からってさ。

82:2010/05/21(金) 21:54:05.89 ID:

彼らが言うには、ミジュヴィナの街で、その虐殺というか、さっき言った様な事態が発生した時に、
何人かのスルツキの人々は、ボシュニャチやフルヴァツキの人々に危害を加えるのに反対したらしいんだ。
昨日まで隣人として暮らしていた人を[ピーーー]のは止めようって。でも、そう言った人たちの殆どは、
警察に酷い暴行を受けたり、殺されてしまったんだって。だから、自分たちはこんな所に居れない。
居たくないって事だったらしいんだ。

83:2010/05/21(金) 21:54:44.81 ID:

あ。ごめん。写真で見れるんだ…。少し見てていいかな。少し時間を下さい。

85:2010/05/21(金) 22:04:38.14 ID:

話を聞いた後、大人たちだけで話し合って、結果的には一緒に行動する事になったんだ。
それで、山の中で食事や休憩を済ませた俺達は、夕方になるのを待ってから、
フォーチャに向けて歩き出したんだ。フォーチャへの道のりは、車だとそこまで遠い
わけでもないのに、とても長く辛く感じた。これからどうなるかもわからない不安の中で
歩くのは、とても根気のいる事だったんだ。夕方の時間帯は何とか大丈夫でも、
夜になればどうしても眠くなるんだ。ただ、夜のうちに行動したほうが安全だからと
言われて、歩くしかなかった。

87:2010/05/21(金) 22:09:09.67 ID:

人間ってさ、本当に眠い極限状態の時は、どんな状況でも寝れるみたいでさ、
子どもだけでなく、大人でさえも、半分寝ながら歩いていたんだ。
子どもに至っては、ふらふらしながら歩いていてさ、危ないからということで、
皆で手を繋いで、一列になったんだ。小さい子がうとうとしても、大きな子や
俺達ぐらいの年の子が転ばないように注意しながら支えて歩いたんだ。
それで何とか、朝が明ける前にフォーチャ付近までたどり着いた。

88:2010/05/21(金) 22:11:47.47 ID:

フォーチャの街に入るには、本当は橋を渡った方が近いし楽だったんだ。
だけど、橋の付近にはスルプスカの警察や軍が検問を張っているかもしれない。
一緒について来てくれたスルツキの二人が、橋は避けたほうが良いと言うので、
俺達はフォーチャ手前で川を直接泳いで渡り、超えることにしたんだ。

89:2010/05/21(金) 22:15:30.78 ID:

ただ、体力的にも限界が近づいていた俺達には、水の中を泳いで渡るのは
とても過酷だった。渡る途中で、母親におんぶされていた幼児が流されてしまってさ。
助けなければいけないのに、誰も泳いで幼児の所まで行く体力が残っていなかったんだ。
母親は子どもの元へ泳いでいこうとしたんだけど、他の男の人に止められたみたいで、
結局俺達は、その幼児が流されて沈んでいくのを見ているだけしか出来なかった。

90:2010/05/21(金) 22:19:38.33 ID:

川を渡って、山の方からフォーチャ市内へ向かった。街は、カリノヴィクやミジュヴィナと違って、
家が燃えたり人の悲鳴が聞こえたりといった状態にはなっていなかったんだ。
俺達はほっとして、そしてスルツキの二人が念の為様子を見てくると言って、先に街の中へ
入っていった。多分1時間くらいして戻ってきて、大丈夫だから行こうという事になった。

91:2010/05/21(金) 22:22:57.79 ID:

この日は、カリノヴィクから逃げてきてから大体二日ほど経った日で、92年の4月7日だった。
もし、フォーチャでもカリノヴィクと同じ事が起きていたらどうしようと思っていたけれど、
実際にはまだ何も起きていなくてさ。とりあえず、皆安堵して、親戚や知人がいる人たちは
その家に向かい、行き場のない人達はモスクへ向かったんだ。以前ソニアやソニアパパと来た時は、
街もかなり活気があって、人々が溢れていたのだけれど、この時は人が少なくて、多分外に出ていなかった
んだと思う。それがとても印象的だった。

92:2010/05/21(金) 22:25:44.01 ID:

俺達が向かったモスクはさ、前にソニア達と一緒に来たモスクだったんだ。あの時は、まさかこんな形で
再び来ることになるとは思わなかったけれど、安心した気がする。これからどうしたらいいのかとか、
父さんは無事なのかとか、色々と聞きたいことや不安は山積していたのだけれど、緊張や疲労から
体力的に限界がきていた俺やソニア達は、着いてからすぐに寝てしまったんだ。

93:2010/05/21(金) 22:26:59.85 ID:

たったの数日、二日ほどの出来事だったのに、ゆっくりと安心して建物の中で寝られるのが、
とても久しぶりに感じた。

94:2010/05/21(金) 22:30:45.82 ID:

目が覚めたときには、もう辺りは暗くなっていて、夜になっていたんだ。かなり長時間、
寝入ってしまっていたんだ。起きたら何だかトイレに行きたくなってさ、俺は大人の人を
呼んで一緒に行ってもらおうと思ったんだ。早朝まで暗い山や森の中を歩いて来たというのに、
トイレに一人で行くのが怖かったんだ。変だよね。
でも、周りを見渡してもモスクの中には大人が誰も居なかった。
あれ?おかしいな。もしかして夢なのかな?とか、まだ寝起きで頭がぼーっとしていた俺は
思っていたんだ。だけど、少ししてさ、外が騒がしいのに気づいた。

95:2010/05/21(金) 22:33:50.38 ID:

どうしたんだろうと不思議に思って、モスクの外に出て周りを見渡したんだ。
そしたら、街中から人の悲鳴とかが聞こえてきてさ、時々、つい先日耳にしたのと
同じような乾いた銃声の音が聞こえたんだ。嘘だと思った。やっと安心できると思ったのに、
たった一日、いや一日も経たずにこんな事ってあんまりだと思って、自分の目を疑った。

96:2010/05/21(金) 22:37:33.30 ID:

でも、何か目を擦っても、耳を叩いても、目に見える光景や音は変わらなかったんだ。
そしてよく見るとさ、街の所々から火とか煙が上がっていて、信じたくなかったけれど、
これが夢の世界の出来事なんかじゃなく、現実に起きている事だと受け入れるしかなかった。
そう考えたらさ、さっきまで何ともなかったのに、急に足の力が入らなくなってしまって、
地べたにペタンと座って立てなくなったんだ。心のどこかで、もう逃げ切れないんだな、
ここで死ぬしかないんだなと感じた。希望を持たなければここまでショックを受けなかったと
思う。だけど、フォーチャに着いて、もう大丈夫かもしれないと希望を持ってしまったんだ。
それをもがれるのは、まだこの時は耐えられるものではなかった。

97:2010/05/21(金) 22:42:54.88 ID:

それから少しの間、その状態のまま座っていたと思う。気づいたら、周りに一緒にここまで
行動してきた大人達が居て、その人たちも同じように唖然とした表情で街を見つめていた。
恐らく、最初から近くにいたのかもしれないけれど、街の状態でショックを受けていた俺は、
気づかなかったのかもしれない。そのまま俺はまたじっと、燃える街を見ていたんだ。
そしたら、ソニアが起きてきて、俺の隣に来たんだ。

103:2010/05/21(金) 23:20:52.48 ID:

「祐希ー、街綺麗だねー。わー赤い星がいっぱいだよー。」

といった感じの事を笑いながら言うんだ。一瞬、俺はソニアが何を言っているのか
理解できなくてさ、表情を見たら、何か笑っているけど、ぼーっとしていてさ、
目の焦点が合わないような変な表情をしていた気がする。おかしいって
思って、何言ってるのか何度も聞いたんだ。だけど、ソニアは笑って
綺麗だね、しか言わないんだ。物じゃないけどさ、
ソニアが壊れちゃったと思った。

105:2010/05/21(金) 23:25:40.95 ID:

俺はどうしたら良いのかわからなくて、ソニアの事も相まって少し混乱しちゃってさ。
もう考えるのは無駄かもだとか、諦めようとか、マイナスの事を考えたりしたんだ。
だけど、このまま諦めたらソニアやメルヴィナ、サニャはどうなるって思って、
このままだとカミーユの行動が無駄になるって考えたんだ。サニャ達を守るって
誓ったのに、このままだとその誓いも破ることになってしまうって。
だから、3人を連れて街から逃げようとしてさ。
行くあてもないし、ましてやこの国の人間ではない自分には頼れる人もいない。
それでも、ここに留まっているよりは、マシな選択に思えたんだ。

106:2010/05/21(金) 23:28:50.22 ID:

逃げるなら、今のうちしかないと考えた俺は、ソニアの腕を引っ張って、
モスクの中に戻った。そしてまだ寝ていたメルヴィナやサニャを起こして、
「ここは危ないから街の外に逃げよう。」
と言ったんだ。メルヴィナもサニャも、起こしたばかりだから
少し寝ぼけて反応が薄かったけれど、外の音が聞こえたみたいでさ、
何が起きているの気づいたらしく、「うん。」と答えてくれた。

108:2010/05/21(金) 23:33:22.11 ID:

だけど、遅かったんだよ。余っていた食べ物とかを集めていたら、
もうモスクの直ぐ近くにスルプスカの警察が来てしまったらしく、
大人達が騒ぎ出したんだ。大人達がスルツキだ警察だって叫んで、
早く逃げなきゃって思ったんだ。ソニアは警察だから大丈夫だよって
笑っていたけれど、その警察がボシュニャチやフルヴァツキの市民を
連行したり暴行したり、殺したりしてるんだよ。
もうこの街に正義の味方、少なくともボシュニャチを助けてくれる
味方はいなかったんだ。

110:2010/05/21(金) 23:40:31.80 ID:

そんな感じでモタモタしている内に、モスクの周りのは更に騒がしくなっていた。
外に居た大人たちは、慌てながらモスクの中へ逃げ込んできたり、他の場所に
逃げようとしたみたいだった。だけど、他の場所へ逃げようとした人に向けて、
警察は銃を発砲したらしく、乾いた銃声が周りから聞こえて、外の悲鳴とかは
少しずつ聞こえなくなった。
その状況を見ている内に、もうモスクは警察に囲まれていたんだ。

111:2010/05/21(金) 23:43:05.58 ID:

モスクから逃げようにも、幼い俺達が走って警察から逃げ切れるはずもない。
最悪、カミーユのように俺がお取りになって、サニャやメルヴィナ、ソニアの
3人だけでも逃がそうと思った。もう9人の中で、男は俺しか居ない。俺しか
3人を守れる人間はいないって思ったんだ。

112:2010/05/21(金) 23:48:25.58 ID:

でも、現実はそんな英雄的な行動をおいそれと取れるものじゃなかった。
少し間をあけて、警察たちが銃を手にしながらモスクの中に入ってきたんだ。
多くの人は、隅っこに下がったり、布を被ったり、伏せたりした。
だけど、そんな事をしても意味なんてないんだよね。彼らは俺達の様子を見に来た
わけじゃないのだからさ。警察官達は、大人の男だけじゃなく、
隅っこで震えている子どもや女性、お年寄りの顔を一人ひとり確認していった。
俺達の所にも近づいてきて、俺はさっきまであんなにお取りになろうと
考えていたのに、怖くて足も動かないし、声も出ないんだ。本当に動かないんだ。
動かそうと思っても、心が折れてしまっていたんだ。

113:2010/05/21(金) 23:52:47.44 ID:

警察の人の顔は、暗くてよく見えなかったけれど、その時はとても怖い顔をしていた
ように見えた。一通り、性別や年齢とかを確認し終えると、警察官は大人の男性や女性を
無理やり引っ張って連れて行ってしまったんだ。当然、男の人は暴れたけれど、
外に引きずり出された後に銃声が聞こえて、その人の声はもう聞こえなくなっていた。
変な話だけど、この時ぐらいからだと思う。人が殺されても、あまり感情とかが
湧き上がらなくなってきていたんだ。ああ、またかといった感覚に似ているけれどさ。

114:2010/05/21(金) 23:55:20.66 ID:

警察が去った後は、皆ぼーっとしながら、夜が明けるまで座っていたと思う。赤ちゃんとかは泣いたりしていたけど、
それをあやす母親はとても憔悴しきった顔をしていた。もしかしたら夫があの時連れて行かれたのかもしれない。
だけど、そんな事を聞けるような状況でもないし、正直に言えば、もうソニア達3人以外の事を考える余裕なんて
俺にはなかった。

115:2010/05/22(土) 00:00:48.52 ID:

それから数日経ったけれど、時々街中で銃声や悲鳴が聞こえるぐらいで、初日ほど騒々しい
状況になることはなかった。スルプスカやスルツキに忠誠を誓う印として、生き残った
ボシュニャチの人々は家の前や屋根に白い布とかを掲げて、自分もスルツキの一員だといったような
合図をしていた。後で調べて、これが警察とかから指示されたものだと知ったよ。
この白い布や旗っていうのはさ、今考えてみれば、自分がボシュニャチですと公言しているような
ものなんだよね。この家や建物にはボシュニャチがいるぞ!って。
かといって、白い布を掲げなければ、殺されたり拷問されたりするんだ。
掲げても暴行やいやがらせを受けて、時には見せしめとして殺害され性的暴行され、
掲げなくても殺害・性的暴行をされる。自分が標的にならないように祈ることしか出来なかった。

117:2010/05/22(土) 00:11:38.23 ID:

もう希望なんて正直消え失せていた。この街から逃げたくても逃げ出せない。
街の所々にはボシュニャチの人々の収容所とかが作られたりしてさ、
男の人は暴行、処刑されて、女性は数人がかりで性的暴行されていたらしい。
この時は、そんな事になっているとは知らなかったけどさ。

何もする気力が起きないし、する事が無い。何日もぼーっとしてたんだ。
そしたら、モスクに元々いた年配の人がさ、
「君はムスリムなのか?」
って聞いてきたんだ。だから、違うって答えた。そしたら、
「何で我々と一緒に行動するんだ」って言うんだ。
何でってそんなの俺が知りたかったよ。だけど、
友達と離れたくないから、友達を守らなきゃいけないからって答えたんだ。

そしたらさ、君は異教徒で異民族かもしれない。だからこそ、生きて目にしたものを
伝えなさいって言って、藁半紙みたいなノートを数冊くれて、鉛筆も何本かくれたんだ。

今こうして書いている内容の元は、この時にもらったノートに書いてある日記というか、
起きたことを書いた文なんだ。元々さ、カリノヴィクに居た頃から
絵日記みたいのはつけていたんだけど、あの時は急だったから持って居なかったし、
取りに行ける状況じゃなかった。だから、このカリノヴィクから逃げる時期や
フォーチャでの出来事、これから先の出来事は多少細かく書けるんだけど、
その前の出来事は、時々思い出みたいのが書いてあるぐらいだから、
今じゃどんどんその時の記憶が思い出せなくなってきているんだ。
それがとても怖い。

118:2010/05/22(土) 00:13:47.78 ID:

ちょっと休憩。書き始めるの遅かったので、一応1時まで書いてみます。
細かく書くと、全然進まないから、これから先書くのはもっと短く要約するね。
ごめん。わからない所があれば聞いてください。

124:2010/05/22(土) 00:27:44.36 ID:

あー、この人のお陰で記録を書くことは出来たし、この人との約束も、
俺が前に書いた約束の一つではあるんだけれど、こうして体験を
書き込まなきゃいけないっていうのは、この人との約束ではないんだ。

後でぱぱっと書くけど、この後、ボシュニャチの民兵と一緒に行動する事に
なるんだけれど、その人との約束なんだ。

そして、その後に死なずに今まで無様に生きてきたのは、
ボシュニャチの民兵と離れた後に行動を共にしたスルツキの民兵の
お陰なんだ。 とりあえず書いていくね。
前のよりも出来るだけ短く書きます。

126:2010/05/22(土) 00:28:51.20 ID:

殺しや性的暴行をしていたのは警察だけ?そのときスルツキの市民はどうしてるんだ?

>>126
それには答えにくい。場所によって違うんだ。
警察だけのとこもあれば、民兵や市民も混じって暴行や霊王、殺人をしたりしていた場所もある。
それに反対する人だって当然いたけど、反対したらその人も民族浄化の対象になって、
反対できなかったりとかもあったと思う。逆もまた然り。

132:2010/05/22(土) 00:36:43.72 ID:

日にちは経って、4月22日になった。
この日も、ここ数日のように過ぎていくと思っていたんだ。
だけど、違った。スルプスカ軍か、民兵か、警察かはわからないけれど、
フォーチャにある歴史あるモスクが次々に破壊され、爆破されたんだ。

133:2010/05/22(土) 00:40:56.18 ID:

もう俺達が気づいた時には、街中から轟音が聞こえて来ていた。
また始まったと思ったけれど、この日はいつもと違ったんだ。
この日の標的は、俺達とは関係ないボシュニャチの人ではなく、
俺達自身だったんだ。急いで荷物をまとめて、モスクから逃げようとした。
大半の人は逃げていたけれど、サニャが忘れ物をしたといって、モスクに走って
戻ったんだ。俺は駄目だよ。危ないよって何度も叫びながら止めようとしたんだ。

134:2010/05/22(土) 00:41:50.92 ID:

でも、サニャはカミーユの荷物があるから取りに行くって言って、止まってくれないんだよ。

135:2010/05/22(土) 00:44:44.92 ID:

必死に追いつこうとしたけど、この時のサニャの足は速くて追いつけなくてさ、
モスクのすぐ隣に生えている木の所でやっとサニャの手を掴んだんだ。
そして、危ないから俺がとりに行くって言った瞬間だったと思う。
耳がつぶれるかと思うくらいの轟音と一緒に、目の前が真っ暗になって、
気づいたら10数メートル吹き飛ばされてたんだ。

136:2010/05/22(土) 00:45:58.09 ID:

一瞬、何が起きたのかわからなくてさ、耳もキーンとして聞こえないし、目もよく見えなかった。
体中にも激痛が走ってた。だけど、感覚はあるし、どうやら自分が無事だって事は何とかわかったんだ。

137:2010/05/22(土) 00:47:42.03 ID:

それではっとしてさ。そういえばサニャはどこだって。
でも、自分の手はサニャの手を握ってるんだよ。だから、
無事で良かったって思ったんだ。

140:2010/05/22(土) 00:50:59.52 ID:

だけど、違ったんだよ。耳とか目の視力が回復してきて、よく見たら、サニャの手しかないんだよ。
俺は丁度木の陰に隠れて、打撲で済んだけれど、サニャは木の陰に隠れてなかったんだ。

俺よくわからなくなっちゃってさ。サニャどこに隠れたんだろってサニャの事必死に探したんだよ。
でも、周りにサニャ居なくてさ。あ、モスクの中に隠れたかもって思ってさ、
崩れ落ちたモスクに行こうとしたんだ。モスクの中に運よく隠れたんだって思ってさ。

142:2010/05/22(土) 00:53:38.67 ID:

そしたら、メルヴィナが俺のところに駆けてきてさ。
危ないから早く離れるの!って言うんだ。
でも、まだサニャがモスクにいるから、いるから!って俺何度も言ったんだ。
サニャに手を返さないと、くっつかなくなっちゃうから早くしないとって。

145:2010/05/22(土) 00:58:06.25 ID:

よくわからないけど、俺泣きながらサニャ早く出てこないと、手返さないよって叫んだんだ。
そしたら、メルヴィナにビンタされてさ。かなり痛かった。
「サニャはもう駄目なの!祐希まで死んじゃったら私たちどうしたらいいの!」
みたいな事を泣きながら言うんだ。

もう駄目だってそんなのわかってるんだよね。わかってるんだ。
木の陰がとか、そういうのはその時は気づいてなくてもさ、
手首から少し先がもぎ取られたみたいになってるのを見れば、そんなのわかるんだよ。

でも、そういった現実は俺には認められないんだよ。だって、俺はカリノヴィクでカミーユに
サニャを守ってねって言われて、約束してるんだよ。その後、カミーユの代わりに俺が
サニャを守るって誓ってるんだよ。

146:2010/05/22(土) 01:01:58.32 ID:

情けないけどさ。俺それから数日の記憶なくてさ、気づいたらフォーチャからソニアやメルヴィナ、そして
何人かの大人と、赤ちゃんとか小さい子ども数名と一緒に山の中にいたんだ。

147:2010/05/22(土) 01:05:33.08 ID:

俺さ、サニャよりも足はずっと速いんだよ。
怪我でもしてない限り、サニャに追いつかないはずないんだ。

あの時、俺が追いつけなかったのは、多分、俺がビビッてたからなんだ。
俺は守るとか調子良い事言ってたにも関わらず、またビビッて、何も出来ずに
今度はサニャを見殺しにしたんだって気づいてさ、悔しくて、悲しくて、
そして憎くて涙が止まらなかったんだ。

148:2010/05/22(土) 01:06:10.62 ID:

>>1すごいよ・・・
俺とたいして年が変わらないのにこんな地獄をを生き延びいて
しかもそれを記録して誰かに伝えることを考えてるなんて・・・

>>148
そんなたいそうなもんじゃないんだよ。こんな話、思い出したくもないし、早く忘れたかったよ。
でも毎日のように夢に出てくるし、ボシュニャチやスルツキの民兵の人と行動を
共にしなかったら、例え生き延びてもとっくに自殺してる。もしくは犯罪者になっていたと思う。
彼らのせいで人生が狂ったけど、彼らのお陰で生きているってのもあるし、
約束して色々と託されたから、それをやらないまま勝手におしまいなんて出来ないんだ。
ただそれだけなんだよ。

頭おかしくなるし、マイナスな事ばかり考えるようになるし、自分が嫌で嫌でたまらなくなるんだ。
夜寝ようとして、暗くすると、銃声が聞こえるような気がして目が覚めたりするんだ。
未だに、ちょっとした物音がするだけで、反射的に目が覚めるんだ。

あーもう何が言いたいのか自分でもよくわからない。ごめん。それじゃ、おやすみ。

151:2010/05/22(土) 01:17:10.34 ID:

はぁ。ごめん。今夜はここまでにして寝ます。
また明日の夜、書いて、出来れば明日には
書ききれるようにしたいと思う。
もしくは明後日の日曜までには。
ごめん。それじゃ、お休み。

171:2010/05/22(土) 01:56:12.89 ID:

おやすみ。
俺は21の大学生だけど国境なき医師団の看護師を進路として考えてる
でも(ほぼ)日本を捨てて海外に単身行くのは勇気がいるし、この話読んで決心できたらなんていうか
俺の人生のターニングポイントになる気がする。そんな感じ。興味深く読んでるよ

>>171
看護系の大学で学んでいるのかな。それとも大学を出た後に看護学校へ行くつもりなのかな。
俺なんかに何も言う資格もないんだけれど、貧しい地域やインフラが整っていない地域で
活動するのは、とても大変な事だと思うんだ。もしかしたら、失うものの方が多いかもしれない。
得られるものは、人々の貴方への感謝の気持ちと生きる素晴らしさだけかもしれない。
それがもし、貴方にとってお金や物にもかえがたい素晴らしい事であるなら、
是非、彼らの力になっていただければって思う。あ、そっちに行く前に
日本で経験を積んだほうが、きっと後で役に立ってくると思うけれどね。

ページの先頭へ